2019年03月02日

Green Lantern Press 40' boxcar (C&BT Shops/Peach Creek Shops)

GLPX 7032, Published by Green Lantern Press Ltd. BLT/NEW 9-45
Prototype Modeler, The modeler's magazine of prototype railroading
C&BT Shops 40 Foot 1944 AAR Steel Boxcar

0g1IMG_9962b.jpg

0g3IMG_9950.jpg
When Empty Return to Fairfax Station, VA, F. Pearsall Agent

The Scale Coupler Journal box car
The Scale Coupler, An HO Scale Model Railroad Journal

The Scale Coupler Journal box car

0gaIMG_9438.jpg

0gbimg570.jpg

Peach Creek Shops車体のグリーンはプラスチックのモールド色。印刷はホワイトとランタン部のブラックの2色。
 組立説明書のサインが"Frank A. Pearsall"だとしたら、Prototype Modeler誌の発行人を1989年から務めた人物。C&BTショップスの1944年AARボックスカー発売が同じ頃ということでTrainLifeアーカイブを探すものの、このモデルについての記述を見つけられない。

 中に入っていた領収書はPeach Creek Shopsの名前で1998年5月29日、本体8.00ドルに税0.40ドル。
 同模型店はMR誌では1978年7月号に初登場していて、2011年にはインターネット通信販売に特化(N scale.net)し、2017年3月28日に閉店した。店主のJohn Glaabは"Brown Book"第3版1994年刊の編集者として知られる。またブラスモデルの輸入もいくつか手掛けた。

PeachCreekXX7b.jpg
MR誌2009年12月号巻末広告

RMC1995-06p12b.jpg
RMC誌1995年6月号P12

PeachCreekXX3c.jpg

PeachCreekXX5b.jpg
店頭でFree-Moの仮組を眺めるJohn Glaab(左)。Capital Free-Mo.org Sept. 25, 2010 から引用

PeachCreek998.png


製鉄所モデリングの一端はRailroad Line forumRailroad Line discussion。自宅の地下室に建設するレイアウトはC&O Peach Creekディビジョンといい、20フィート×29フィートの広さを持つ(2012年撮影 NMRAポトマック支部のHP)。2007年にデトロイトで開催されたNMRAコンベンションに参加した姿(Railroad Line.com)。執筆記事はRMC誌1973年6月号"RMC/Dremel Kitbashing Award - C&O K-2 Mikado"、1975年4月号"Riding The Cab - Through Television?"、1976年4月号"Add a Tape-Recorder Input to PFM Sound System"、1977年10月号"Rationale For Scale Time "、1978年4月号"Improved Pinhole Diaphragm for a 35mm SLR"、
ラベル:C&BT Shops Media SHOP
posted by ワークスK at 05:28| Comment(0) | boxcar 40' slide-door | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: