2017年01月23日

Harmon Electronics, 50' boxcar

Harmon_ElectronicsHEIX 1526, Harmon Electronics Incorporated, BUILT 7-93 SMMRRCo/NEW 7-93
Transportation Technology Worldwide
MDC/Roundhouse 50' flat-roof plug-door boxcar, reworked

11DSC06207.jpg

12DSC05618.jpg

14DSC06205.jpg

 側梁部の文言は、"Owned by a Bank of Trust Company Under a Security Agreement filed under the Interstate Commerce Act Section 28C. Harmon Industries Grain Valley, MO LESSEE"
 側扉の左には、"For Restricted Loading only. See Equipment Register"、右下は"Return Empty to Grain Valley, MO"

 表示された会社の創業者であるRobert C. "Bob" Harmonは、1930年代に海兵隊でラジオ技術を学び、除隊後はカンザス州カンザスシティにあったAireon Manufacturing Companyでセールス・エンジニアとして勤務した。戦後、同社は軍需から民生への転換を図って鉄道に無線機を売り込んだものの破綻。ハーモン氏は熟練技術者の雇用の場として1946年9月、Harmon Electronics社をミズーリ州インデペンデンスで創業し、鉄道業界向けに電子機器の開発と販売を始めた。赤外線によるホットボックス検出器はその一つで、電話回線によって運行管理センターに表示するとともに、センターから列車へは無線機で連絡するシステムだった。
 1958年にはサザン鉄道と同検出器の契約が成立して、賃貸ビルから新しい自社所有ビルへ移転した。同時に、真空管からトランジスタへ舵を切り、この年が同社の転換点という。1980年代はスタガーズ法による鉄道の規制緩和に合わせて事業を拡大。1987年にHarmon Industriesという持ち株会社となり、Harmon Electronicsは子会社名として残った。
 2000年9月にはGE Transportation Systemsによって買収された。Funding UniversePRNewswire

 Trains誌1985年10月号に"Power pools and population-Diesels in decline?"という記事があって、BNがディーゼル機エンジンのコンピュータ制御化で導入したシステムをCAPMAC、computer assisted power management and controlといい、Harmon Electronicsが製造とある。

 Trademarkiaによれば、扇形のトレードマークは1993年11月に出願されていて、営業品目は、踏切関連装置、列車検出器、鉄道信号、列車制御装置、ホットボックス検出器、信号伝送装置。
 モデルの配布はこの時期と推察できる。また、1946-1976年の25周年記念だというアサーン製40’ボックスカーが存在する(Standard Guide to Athearn Model Trains p29)

タグ:mdc novelty
posted by ワークスK at 03:50| Comment(0) | boxcar modern 50' | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: