2015年02月17日

Sears Roebuck, 40' boxcar

SRCX 88517, Sears, Roebuck and Co.
Sears/Lionel included in the American Flyer train sets

20DSC04043.jpg

80DSC01811.jpg

80DSC01821.jpg

 ライオネルのブランドは過去に3度、HOゲージに参入していて、最初が1957-1966年、2度目が1974-1977年、3度目が2003-2005年だった。このボックスカーは2度目に当たる。
 1975-1976年のクリスマス向けトレイン・セットは、American Flyerという名のシアーズ・ブランドで、機関車とカブースを3色としたバイセンティニアル版と、イエローのユニオン・パシフィック版があり、その両方に含まれていた(Tyco Forum)。次の写真はネット・オークションから引用(クリックで拡大)。製品展開はTony Cook氏のサイトを参照。
 シアーズ・ローバックは、北米で広く百貨店や通信販売を展開する小売業者。シカゴの超高層ビル、シアーズ・タワーを建設したことで知られる。アクア・カラーとロゴは1967–1984年に用いられ、配送トラックなどを彩った(Wikipedia英語版)。

Sears_Lionel_set2.jpg

80DSC01654.jpg

 モデルは後期の香港Kader社製ではなく、前期のライオネル製とされる。床板周りの構造がアサーン社製に酷似していて、ブレーキシリンダー類の間違いまで瓜二つ。
 ただし、カプラーが台車マウントで、ウエイトの鉄板は黒色処理となっている。台車中心ピン径が4.0mmと、アサーンの3.4mmよりも太く、前所有者はアサーン製ベッテンドルフ台車の孔径を拡大して木ネジで止めていた。今回はカラーとワッシャを使ったネジ止メに変更し、床板の構成も当方のアサーン・ボックスカー標準手法で改良(上写真はその途中)。
 ボディは、屋根上歩み板が車体と一体。引戸の取付はライフライク製に同じ。AAR 1937年モデファイのアサーン製よりも背が高く(下写真を参照)、屋根がダイアゴナル=対角線形パネルなので、プロトタイプは戦後製。
 四隅のステップのうち、1か所が欠けていて補作。手ブレーキ・ハンドル他をタッチアップ。重量は95gと、ウエイト鉄板が短い分、アサーン製よりも7g軽く仕上がった。
 TransPacific R.R.も乞う御拝読。

80DSC01823.jpg

【追記】ライオネル社は2016年11月にもHOゲージに参入し、ポーラー・エキスプレスを発売。記事を再編集。写真一部交換。2016-12-26
ラベル:novelty Lionel
posted by ワークスK at 02:07| Comment(0) | boxcar 40' slide-door | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: