2011年04月01日

NYC Hudson J3a 4-6-4, Monogram Models

 NYC 5405, New York Central System
 Monogram/Revell/Con-Cor, gold-finished by the author

97dscf5590a.jpg

97DSC05813.jpg

97DSC05814.jpg

dscf5592a.jpg

MR1982-12p19.jpg ちょっと見には高価なブラスモデル! しかし、その実体はプラスチック・キットをゴールド塗装したもの。
 全体が組み上がった状態でグンゼの缶スプレーを吹き付けたが、タイヤはビッグボーイの様にシルバーとした方が見栄えがする様だ。グンゼの金は少し赤みがあり、銅の割合が多いブラスの感じがする。
 向こうの友人に写真を見せたら、"Poor Man's Brass"と言われた。
 現在はテンダーをフリーランス蒸機に供出し、ロコ本体のみが完全なガラクタと化している。2010-03-31

 1990年頃に、渋谷道玄坂にあったアサヒホビーの片隅に転がっていて、欲しいと言ったら、タダでもらえた。
 日本の雑誌ではRM誌1985年12月号p106に辻坂信一郎という方が、このキットを動力化した例を披露されている。またRMM誌1996年5月号p90「鉄道模型考古学116」でビッグボーイと共に取り上げられた。

 モデルは1982年にモノグラムが発売し、その後はレベルRevellを経てコンコーCon-Corに引き継がれた。
 右はMR誌1982年12月号p19に1頁大で掲載されたモノグラムの広告(クリックで拡大)で定価4.25ドル、翌1983年3月号p54の製品紹介に登場。添付のデカールを変更して、チェシー・システムやサンタフェのバージョン、さらにシルバーメッキ仕上げの"Metal Master"グレードも発売された。下は、モノグラム、レベル、コンコーの箱絵。

Monogram_Hudson2014d.jpg



99ConCor_Hudson1.jpg

 なお、モノグラム発売の20年前となる1962年に、英国のRosebud Kitmaster社が、同じ型式を同様にプラキットで発売している。次の写真の手前がそのテンダーで、奥がモノグラム(キットマスター製品)。

DSC00741a.jpg

画像をすべて更新 2013-04-16
キットマスター・モデルの記述を変更 2014-10-18
コンコーの箱画をネットオークションから採取 2017-02-24

鉄道模型 蒸気機関車 蒸機 プラモデル ローズバッド
ラベル:MONOGRAM NYC Con-Cor
posted by ワークスK at 22:36| Comment(0) | steam locomotive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: